読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイ

満州文化物語

満洲文化物語 ユートピアを目指した日本人 作者: 喜多由浩 出版社/メーカー: 集広舎 発売日: 2017/04/28 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 産経新聞で連載されていた連載企画を一冊にまとめた本のようです。 満州、とタイトルには書かれていますが…

現代中国経営者列伝

現代中国経営者列伝 (星海社新書) 作者: 高口康太 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/04/26 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る 巷で話題になっている本です。 中国通と称されるライターは数多くいますが、正直「?!」と思うような偏っ…

飛梅

www.youtube.com さだまさしは日本の古典文学を範にして歌を作ることが多いです。 この「飛梅」という歌は、タイトル、もしくは歌詞を読むとすぐ分かるように、「東風吹かば 匂いおこせよ 梅の花〜」で有名な菅原道真の歌、そしてゆかりのある舞台である太宰…

西行

願はくは 花の下にて 春死なん そのきさらぎの 望月のころ そう詠んだ歌のとおり、春先、桜の咲く頃に入寂した西行。 旅に生き、自然を詠み続けた人生の中で残された歌の数々は、一千年前の昔の言葉で記されているにも関わらず、今の専門的な古語教育を受け…

古今和歌集 真名序

最近所用で古今和歌集を眺めていたのですが、「なぜ古今和歌集を編纂したのか」という動機をわかりやすくまとめた檄文的なものとして、仮名序と、真名序があります。 仮名序は紀貫之が「かな文字」体で記したもので、こちらの方が世間的には有名です。 ただ…

マリヴロンと少女

宮沢賢治 マリヴロンと少女 正しく清くはたらくひとはひとつの大きな芸術を時間のうしろにつくるのです。 今自分が行っている事は、目の前に見えるものを形に残すために行っているように錯覚しがちですが、実際は自分が歩んだ跡を轍として記す作業であると思…

母親に聞かせたかったさだまさしの歌

僕はさだまさしが小学生の頃から好きですが、母親と一緒にコンサートに行ったことはありませんでした。ある意味親不孝なのかもしれませんし、実際のところ自分の趣味を押し付けないというのは親孝行の姿なのかもしれません。 僕の母親は、豊かでない時代に青…

ラ・ラ・ランド再考

僕は、映画を見る前も、見た後も、知ったかぶりの知識を身に着けてそれらしい論評をしようと思わないタイプの人間です。世間の評判もほぼ気にしません。 なので、前回書いた記事も、前提知識がほぼゼロの状態で見て、そのままの感想を知識を補わずにそのまま…

飲みニケーションについて

その国の言葉で書かれたニュースサイトの記事を読み合わせ、簡単に内容をまとめ、議論をする、というような語学レッスンを定期的に行っています。 その場で、今回のテーマは日本の「飲みニケーション」になりました。 議論というよりは、サイトの記事の内容…

日本☆地域番付

area-info.jpn.org こんなサイトを見つけました。国勢調査の結果をベースに、いろいろな指標や数値をもとに、全国の市区町村をランキングしているサイトです。 イメージ通りの結果もあるし、固定観念が覆るようなデータが出ているケースもあり、見ていて飽き…

ラ・ラ・ランド

「ミュージカル映画、結構好きだよ」という一言で、封切り直後に見に行く事になったこの映画。 gaga.ne.jp 鑑賞後の感想は、いい映画だな、と思う反面、これは誰向けの映画なんだろう?と感じさせる映画でした。 基本的には、ロサンゼルスを舞台に、スターを…

べからず

最近休日の時間がある時などに図書館で詩経を読んだりしてるのですが、さすがに図書館に置いてあるものは白文ではなく書き下し文の書籍です。もちろん詩経ぐらい古いものになると日本語の解説が無いと読めないですが... 大学時代は白文で中国語として読むこ…

見えない貧困

www.nhk.or.jp 見てました。 僕が子供の頃に直面した内容をおさらいするような内容で、なかなか他人視することができない内容でした。 剥奪指標 番組上で大きなテーマとして、「剥奪指標」(子どもたちがなにを奪われているか)という点について取り上げられ…

生きてることが辛いなら

もう 10 年ちかく前になりますが、森山直太朗の「生きてることが辛いなら」の歌詞が、自殺を幇助するとして大炎上しました。 www.youtube.com 生きてることが辛いなら いっそ小さく死ねばいい 歌詞の一番最後まで聴いていると くたばる喜びとっておけ と書い…

なぜ、コメダ珈琲店はいつも行列なのか?

なぜ、コメダ珈琲店はいつも行列なのか? ―「お客が長居する」のに儲かるコメダのひみつ 作者: 高井尚之 出版社/メーカー: プレジデント社 発売日: 2016/10/28 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 名古屋出張の際に初めて訪れてから、私もコメダ珈…

これでいいのか川崎市

コンビニなどで、誰が買うのかよくわからない安価なムック本を見かけることがよくありますが、そのなかで「地域あるある」的な情報をまとめた本はひとつのジャンルになっている気がします。 そのなかで、絶対普段なら読むこともないですが、暇にあかせて買っ…

歇后语

cjjc.weblio.jp 日本語に適切な訳が見つからないですが、「しゃれ言葉」「かけ言葉」といった風に訳されることが多いようです。 何かを暗喩するような言葉を謎かけ的に使う言葉で、おもに昔の故事などから引用されることが多いようです。 よく代表例として挙…

女は引き寄せて、つっ放す

太宰治の人間失格を読んでいるのですが、なかなか刺激的というか男性の女性に対する心を上手く表現しているなという一節をただ貼り付けておきます。 女は引き寄せて、つっ放す或いはまた、女は、人のいるところでは自分をさげすみ、邪慳にし、誰もいなくなる…

从那以后

以下の衝撃的なドキュメンタリーを見てから、文化大革命について色々調べ始めたのですが、 www.youtube.com www.nhk.or.jp 最近、2016年、以下のような歌が中国の音楽番組「中国之星」(中国の星。星は日本と同様芸能的な"スター"の意味がある)をきっかけに…

井の中の蛙は大海しか知らない

「井の中の蛙大海を知らず、されど〜」的な言い回しが最近流行していますね。実は皆が知っていることわざには、続きが有った的な。 とはいえ、もともとは莊子の中の一節から転じたと言われることわざで、莊子の中では 井蛙不可以语于海者,拘于虚也夏虫不可以…

龍安寺と日本文化私論

龍安寺自体に僕自身は特別な感慨はなく、まあ商売になれば良いんじゃないかという気もしています。 関係無いですが、坂口安吾が戦前に「日本文化私論」というエッセイを残しているので、そちらを引用します。 日本の庭園、林泉は必ずしも自然の模倣ではない…

モビリティ革命的な本

モビリティー革命2030 自動車産業の破壊と創造 作者: デロイトトーマツコンサルティング 出版社/メーカー: 日経BP社 発売日: 2016/10/06 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 帯にもあるようなデータについて、コンサルティングの観点でまと…

ヒットの崩壊

ヒットの崩壊 (講談社現代新書) 作者: 柴那典 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/11/16 メディア: 新書 この商品を含むブログ (3件) を見る kindle に積読していたのを、ようやく読んでみました。 読了感としては、かなり中途半端な本だな、という印象で…

IR についての私見

blog.lusaku.jp IR (Integrated Resort) 法案の可決が昨年12月に行われ、IR といいながら実質カジノに関する法案のため、ギャンブルに対するアレルギー反応として様々意見が紛糾しているようです。 僕個人としては賛成でも反対でもなく無関心ですが、「カジ…

教養としての「昭和史」集中講義

教養としての「昭和史」集中講義 教科書では語られていない現代への教訓 (SB新書) 作者: 井上寿一 出版社/メーカー: SBクリエイティブ 発売日: 2016/11/05 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る この方は学習院大学の大学長を勤められている方…

米中もし戦わば

米中もし戦わば 作者: ピーターナヴァロ,赤根洋子 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2016/11/29 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る この本は、この本に書いてある分析が正しいかどうか、という観点より、この本の著者であるピーター・ナヴァロ…

関白宣言

www.youtube.com 長友・平愛梨の結婚会見で、平愛梨が「関白宣言が理想」と発言したことで色々過去を蒸し返す感じで賛否両論な感じになっているようです。 www.excite.co.jp 歌がコミックソングであろうと、そういう文脈に関係なく妻に対する不寛容に思える…

介護の敵

介護の現状というのは、なかなか未経験な人、もしくは想像力のない人には理解をしていただくのは難しいものだといつも感じます。 個人的に一番の敵なのは、介護に対して正面切って嫌悪感を示したりするような人ではありません。そういう本能的な反応の中にこ…

文化大革命によるモンゴル人大虐殺

狂暴国家中国の正体 (扶桑社新書) 作者: 楊海英 出版社/メーカー: 扶桑社 発売日: 2014/08/31 メディア: 新書 この商品を含むブログ (2件) を見る 週刊東洋経済で現代史についての特集が行われていて、その中の2ページ特集で楊海英さんの記事がありました。…

会社の老化は止められない

会社の老化は止められない。 宿命にどう立ち向かうか (日経ビジネス人文庫) 作者: 細谷功 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社 発売日: 2016/09/02 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る 数ヶ月前に読んだ本ですが、ふと内容を思い出したりし…

人生

最近時間がとれるようになったので、万葉集を一巻目から読み直しているのですが、個人的に心に残るのはやはり挽歌。 とくに多くの挽歌を残し、人の生命に対して深い洞察を感じさせる歌を多く残した山上憶良の歌に、今この歳になると強い印象を残すものが多い…

この世界の片隅に

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス) 作者: こうの史代 出版社/メーカー: 双葉社 発売日: 2008/01/12 メディア: コミック 購入: 23人 クリック: 507回 この商品を含むブログ (292件) を見る だいぶ前に映画を見ました。 原作のマンガを読んで強い印…

万葉集を読む

万葉集というと、中学や高校の国語・古典の授業で勉強した、堅苦しい感じの詩集というイメージがあります。 堅苦しい、というのは、授業のやり方が無味乾燥で、万葉集自身の歴史的な重みとか、枕詞とか古語の活用とかを暗記式に勉強させるあまり、詩の魅力に…

正しいこと

正しさというのは自分の主観的な価値観で、自分なりの正しさを皆がもっているし、他人に共有できるものでも無いし強要できるものでもない気がします。 自分が自分の信じる正しさを成し遂げた時に、それを周りに吹聴するか、アピールするか、というと、僕はそ…

体調不良との戦い

僕は数年前、扁桃腺炎が頻発して、一ヶ月に1回は40度を超える高熱が出て苦しんだ時期があります。 ちょっとでも疲れが溜まると喉が熱を持ち、一度熱がでてしまうと1週間は苦しむことになる。そして熱が熱なので体への負担も大きく、まれに意識障害や呼吸障…

TFP

伊藤元重さんの『どうなる世界経済〜入門国際経済学〜』という本を読みました。慶応大学での講義内容の再録的な本ということで、講義形式で分かりやすく、現在の経済学の比較的王道な見方について中立の立場で解説してある本という印象です。 どうなる世界経…

便訓

最近、「さだまつり」的なイベントをしていた某古本屋店で安値で見つけてきた『二小節の詩』という30年以上前に発売された"さだまさし"のエッセイ本?に、以下のような文章が書いてあって笑い転げてしまった。 さだまさしについて、常識を重んじ、堅く暗い世…

欧派

なにかで見かけた中国語のスラングで、「欧派」というのがあった。 普通に欧州風とかそういうふうな意味かと思ったら、「おっぱい」の意味らしい。 欧派 - 萌娘百科 万物皆可萌的百科全书 欧派,来源于日语おっぱいoppai的音译,即指胸部咪咪。 たしかに読み…

「関ジャム」さだまさし出演回で作られた即興曲

www.tv-asahi.co.jp twitter.com とりあえず、メモ書きとして。 一曲目。ビルの解体映像に寄せて Fmaj7止まらないはずの Cmaj7僕の夢を Dmy G7 Cmaj7止めるのは 僕自身だろう Dm Em Dm G7止まるな 止まるな 止まるな 止まるな 二曲目。東南アジアと思われる…

「遙かなるクリスマス」とピエロとしてのさだまさし

www.youtube.com 久しぶりに生でさだまさしの歌をコンサートで聴いてきましたが、この「遙かなるクリスマス」という歌は、今の「月の歌」ツアーで、印象的なシーンで歌い上げられます。 今まで数多くのコンサートで耳にはしましたが、今回の「月の歌」ツアー…

ヒビスクス

スピッツの「醒めない」を勢いで買って聴きまくっているのですが、個人的にアルバムの中で一番印象的な曲はこの「ヒビスクス」という曲です。 www.uta-net.com ヒビスクスはハイビスカスのラテン語読みのようです。 僕も歳を重ねるごとに、一番格好良い姿と…

みなと

www.youtube.com 出張帰りの国際線でスピッツの特集番組があったので聴いていたら、この曲に出会いました。 なんて良い曲なんだ、とただひたすら感動して、言葉を失いました。 失ったモノに対する追憶、憧憬を、決してロジカルとはいえないが耳に印象的な言…

知的であること

相手のことを「あ、この人は知的な人だな」と思うケースと思わないケースがありますが、何がそれを左右しているのかなと考えると、自分の中では概ね以下のようなことに落ち着きました。 「自分の経験・体験したことや、自分の価値観を軸にしか話せない」人に…

CTO

36kr.com 中国の 36kr というテック系情報サイトに CTO についての定義が分かりやすくまとめてありました。単純な質問に対して答えていくことにより、CTOの業務の範囲の定義を行う、という感じの記事。 CTO 最核心的职责是什么? →保证核心产品能够保质按期…

泡沫

没有永远的繁荣 中国式泡沫正在破裂--百度百家 この文章がどのようなコンテキストで書かれたのかは知りませんが、中国国内でもバブル崩壊について公に語られ始めている感がありますね。 "泡沫"がバブルで、"破裂"が破裂。漢字上、日本語と同じ字を使っていま…

妈宝男

"妈宝男" は中国における "マザコン" の意味になるらしい。 妈=お母さん。 什么都听妈妈的,什么都以妈妈是对的,什么都以妈妈为中心的男人。 baike.baidu.com 昔の日本と同様"男权主义""封建主义"な家庭が多かった中国でも女性が年々強くなり、女性が強い家…

辺野古基金

http://tamutamu2011.kuronowish.com/sosikikin.htm ふと眺めていたら、基金の共同代表に佐藤優氏が含まれていた。 別にそのことは、個人の主義主張については自由なので何も個人的な意見はないのです。 ただ佐藤優氏は数多の自著の中で「沖縄の日本独立問題…

"寄","送",和"递" 在用法上有何不同?

我看来"寄","送",和"递"这个三字的意思很相似,不过我的中文老师来说这个三字用法上有明确的区别。 根据老师说, 送: 对象距离短,或者在同一个地方的时候才用 (例如, 我对住在东京的朋友送快递) 寄:距离远,或者在不同的地方 (例如, 我对住在老家的母…

垫底辣妹

36kr.com 最近は中国で日本制作の映画が上映されるケースが増えているらしい。とはいえ今年に入ってたった9作品だし、すでに評価が固まっている人気のあるアニメが大半をしめています。 (火影忍者: NARUTO、哆啦A梦:ドラえもん、樱桃小丸子:ちびまる子ち…

知性とは何か

知性とは何か(祥伝社新書) 作者: 佐藤優 出版社/メーカー: 祥伝社 発売日: 2015/06/01 メディア: 新書 この商品を含むブログ (7件) を見る この人の獰猛なまでの多作っぷりは素直に凄いなと思います。 この本は、最近世の中で散見されるようになった「反知…