読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイ

「なにがしあわせかわからないです。ほんとうにどんなつらいことでもそれがただしいみちを進む中での出来事なら峠の上りも下りもみなほんとうの幸せに近づく一あしずつですから」

宮沢賢治の小説は、非常に平易な文章で書かれているけれど、人間の本質について切り込まれている内容が多くて、今読んでみてもドキッとする。

タイトルの一節は、どの小説で書かれたものでしょうか。瞬時に特定出来る人は素晴らしいです。