読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイ

口は災いの元

ランチの際に、デートで訪れる予定のお店をついつい何の気なしに「オススメの店」として教えたら、男だらけで訪れた結果女子会の群れの中に飛び込むことになり憤死した、という報告を受けた。南無(T人T)。