読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイ

道化師のソネット

www.youtube.com

いろいろと疲れている時にこの曲を聴くと、本来貯める必要の無い心の中の「澱」みたいなものが洗い流される気がします。

人間を性善説的に表すとした場合

笑ってよ君のために 笑ってよ僕のために

まことにこういう存在であるな、と思い、「笑ってよ」と言われてもついつい涙が流れてきてしまいます。

人を支える、支え合うというのは、犠牲であるだけというわけでもなく、自分のためだけというわけでもない。誰かのために進んでするだけでもなく、自分が一歩引くだけでも無い。もっと本性的なものだと信じたいと思っています。