読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイ

体調不良との戦い

僕は数年前、扁桃腺炎が頻発して、一ヶ月に1回は40度を超える高熱が出て苦しんだ時期があります。

ちょっとでも疲れが溜まると喉が熱を持ち、一度熱がでてしまうと1週間は苦しむことになる。そして熱が熱なので体への負担も大きく、まれに意識障害や呼吸障害を引き起こしてしまいます。

なので、体に負担をかけないように、以下のような事を今思うと結構自分に厳しく課していました。

  • 絶対にお酒を飲まない
  • 疲れすぎないようにする(必ずxx時には帰る、夜更かしはしない、夜に開かれる飲み会や懇親会には絶対出ない等々)
  • 飛行機や新幹線など密室で長距離移動が強いられそうな乗り物に乗らない

かなり神経を使い、コントロールした生活をしてても、ちょっと油断すると1ヶ月に1回は高熱が出てしまう...解熱には基本的に抗生物質を使って扁桃腺に付着していると思われる細菌を殺すしかなく、熱が出れば出るほど効く抗生物質が限られてきてしまう。

このような生活を1年以上繰り返したうえ、最終的には手術による切除を選択しましたが、社会復帰できるまで場合によって 1ヶ月近くかかるため、僕はこのタイミングでその時勤めていた会社を辞めました。

実際には辞めざるを得ない状況になったということが正確です。上記のように病気に悩んでいること、闘病生活の苦労、手術が必要な事等々をその時の上司に伝えたら

「普通に働けているんだから健康でしょ?」

「最近お前がやる気がなくなってきたって感じている」

という風に返され、会社の仕事のために色々な事を我慢しながら踏ん張っていたことが一切無意味だと気づき、自分の体調を最優先させるために辞めました。

なお、上記は2010年に起こったことです。

 

扁桃腺を切除することはネット上ではいろいろ有る事無い事書かれていて、特に Welq は書かれていることが結構間違っているような気がしますが、僕の場合は切除後は苦しんでいた症状が再発することもなく、健康に気を使うようになったこともあり風邪や熱が出ることがだいぶ少なくなりました。

とはいっても子供のころから、ちょっと暴れては高熱を出す子供だったので、今もあまり体は強い方では無いと思います。

 

上記のような経験もあり、自分の体調を安定してキープするために、以下のことはかなり気をつけています

  • 不要な飲酒はできるだけ避ける。できれば飲まない。
  • 適度な運動を継続して行う
  • 睡眠時間を必ず確保する
  • できるだけ疲れを溜めないような生活を心がける

どれかが一つでもバランスが崩れると、僕は今でも体調を崩すことがあります。

 

体調不良により働くことを継続することが難しいと、残念ながら退職の道を選ばれる方がいたりします。そういう方が居た時に、僕は「自分で何かできたことがあったのではないか」と自問自答することが多いです。

たとえば、相手が体調不良を抱えていて闘病をしていたのに、そのことを踏みにじるような軽口を本人に話していたりしたのではないか、とか、もっと気を使って話せたのでは、短い時間でも寄り添うことができたのではないか、とか。

 

一方、「体調不良」を言い訳に、自分の責務を放り出す人のことは、これ以上ない哀れみを感じてしまいます。

別の事情があってそのことをしない、もしくは会社を辞めるのであれば、その通りに話せば良いのに、「体調不良」を言い訳に使うのは、本当に自身の体調不良と戦っている人達を愚弄し馬鹿にしているように思えます。

そして、そのようなことですら自分の本心・本音に向かい合い、そのことを相手に伝えない人なんだ、不誠実な人なんだ...そんなレッテルを周囲の人に与えてしまいます。

 

たとえば、体調不良な時期の僕の習慣にも書いたように、体調が悪い時には普通お酒は飲みません。なぜなら、飲酒は体の免疫力を基本的に下げる行動なので、ただでさえ体に弱いところを抱えている人が飲酒をするのは自傷行為です。

だから、本当に体調不良を抱えている人は、その時にお酒は飲みません。

「体調不良〜」と言っておきながら、その療養期間中にお酒を飲んでいる人がいたら、基本的にはその人は嘘をついていると思って良いと思います。嘘をとりつくろおうとして失敗した、それも「体調不良」を自称しつつも実際に病気と対峙したことがないからそんな基本的な事が理解できない......

そういうことから、その人の不誠実さは露見していき、周りの目というものも変わっていってしまうのだと思います。

 

とはいえ、本当は体調不良でも何でも無いのに、そのフリをしなければいけない人は、本当に不幸だと思います。嘘をとりつくろうためにさらに嘘をつき、心に重荷をつねに背負っていく。もしくは誰も指摘しないことを良いことに開き直り、また心が純真さを失い、鈍感になっていく。

どちらも、個人的にはとても不幸なことだと思います。優劣を付ける問題ではないですが、病気になるより、上記のように嘘をつきつづける人の方が、僕ははるかに不健康な人だと思ったりします。